O様邸2017年9月4日

DSC01215

 

ファサードとお庭のリフォームのご依頼です。

【before】

DSC03516

【after】

DSC01217

 

駐車場に敷き詰めた枕木や自然石・アンティークレンガは既存のまま位置を変えたり向きを変えて再利用しました。

今まで慣れ親しんだ物なので工事後すぐでも景色に馴染んでいます。

駐車スペースの敷枕木の隙間の土面はヒールなどが刺さってしまうため、来客の多いお施主様のご希望でコンクリートで埋めましたが、

洗い出し仕上げにし、骨材が浮き出ることで、自然な風合いが損なわれないようにしました。

門柱は空洞ブロックを木調アルミの角柱で挟み込んだオリジナルです。 手前に一本ある柱は照明。

残せる樹木は残しながら、玄関前の階段や通路も現況のタイル貼りを活かしながらスペースを広げ二方向からアプローチをつくり、お庭へも直接スムーズに行き来出来るようにしています。

玄関ポーチへの階段はご年配のゲストの方の為に幅を広げ、手摺を設けました。

お庭もデッキや2階のバルコニーも老朽化していて危険だったので、1階にはタイルテラス+サンルーム、2階にはアルミのバルコニーを設置しました。

お隣との間には、採光もとれ目隠しにもなるアーバンフェンスを採用。

こちらの商品はカラーバリエーションも豊富でパネル1枚1枚の配列も自由に組み合わせできます。

例えば部分的に目隠しをしたいけど、全体を覆って暗くなるのは嫌だなという時におススメですよ。

DSC01225DSC01221DSC01220